セレナのライバル車種を比較する

セレナのライバルを確認しよう

セレナはミニバンなので、多くのライバル車種も存在しています。ほとんどのメーカーはミニバン開発に注力しており、特にヴォクシー/ノアは売上台数トップクラスで、セレナともよく比較されます。

 

まずはセレナのライバル車種を確認しましょう。

 

ヴォクシー(トヨタ) 概要
 

日本で一番売れているミニバンで、姉妹車としてノアも人気。ハイブリッドモデルもあり、燃費性能が高く「ミニバンの燃費の悪さ」を初めて克服した車種でもある。

 

人気グレード:ZS(特別仕様車)(282万円)

ステップワゴン(ホンダ) 概要
 

ハイブリッド化の遅れによっていっときは人気は薄れたが、「わくわくゲート」などを搭載したモデルチェンジにより復活気味。今後はハイブリッドも登場し、セレナの強力なライバルとなる。

 

人気グレード:G(248万円)

ビアンテ(マツダ) 概要
 

人気はあまりなく、影が薄い存在。しかし、そのかわり値引き率は非常に高く、低価格で買えるミニバンとして存在感を放っている。

 

人気グレード:グランツ スカイアクティブ(267万円)

 

セレナとライバル車種を比較しよう

 

セレナのライバル車種を調べているということは、

 

・セレナとライバル車種のどちらを買うか迷っている
・セレナの値引き交渉材料として、ライバル車種を利用したい

 

のどちらかのはず。ここではセレナとライバルの違いを解説するので、値引き交渉のアピールポイントを学びつつ、もし他の車種のほうが魅力的に感じたらそちらを購入するようにするといいでしょう。

 

というわけで、セレナの値引き交渉材料という点に注目してライバル車種の違いを見ていきます。

 

ヴォクシー/ノア

・燃費性能が高い
・特別仕様車がある
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ

ステップワゴン

・わくわくゲートが便利
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ
・燃費性能はヴォクシーより上

ビアンテ

・とにかく値引きが大きい
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ
・燃費性能が低い

 

↑はセレナのライバル車種の特徴となります。値引き交渉に有効活用できる点が赤文字、NGワードは青文字となっています。

 

ヴォクシー/ノア

 

セレナとヴォクシー/ノアは価格帯と装備が似通っています。これは、お互いを意識しているからで、日産ディーラーでヴォクシーの名前を出すだけでも値引き効果が期待できます。ただ、単に「ヴォクシーを検討している」というだけでは効果は限定的です。アピールポイントをきちんと間違わずに活用していきましょう。

 

アピールとして有効なのは、ヴォクシーの「燃費性能」となります。数字の上ではヴォクシーの方が圧倒的に優れています。なので、「ヴォクシーの方が燃費がいいし、多少価格が高くてもセレナよりオトクかなぁ」などといってアピールしましょう。

 

逆に注意したいのが特別仕様車です。特にヴォクシーは特別仕様車の人気が非常に高く、購入者の半分以上が選んでいるほどです。特別仕様車はガソリンタイプしかないので、燃費性能が落ち、コストがかかります。それなのにあえて選んでいるということは、「他の車種には興味がない」と言っているようなものです。

 

そういうわけで、「ヴォクシーの特別仕様車が気になる」と言ってしまうと、「なぜわざわざセレナの交渉をするんだろう。ヴォクシーの値引きに利用したいだけじゃないか」と思われてしまいます。したがって、特別仕様車についてはあまり口に出さない方がいいでしょう。

 

ステップワゴン

 

ステップワゴンとセレナも、価格帯や外見のフォルムがよく似ています。なのでアピールポイント選びは慎重に行いましょう。

 

無難なのは、ステップワゴンの「わくわくゲート」です。「試乗してみたけど子供がわくわくゲートを気に入っちゃって、迷ってるんだよね」などと言うと、「試乗までしてるんだな」と思って交渉の本気度が上がるでしょう。

 

逆に燃費の話は避けたほうがいいです。セレナとステップワゴンの燃費性能はほとんど変わらないので、そこを突いてしまうとケチな人だと思われ、営業マンがやる気をなくしてしまうかもしれません。

 

ビアンテ

 

ビアンテは影が薄いので、セレナと競合する人が少ないです。したがって上手に競合しないと営業マンも反応してくれません。

 

アピールポイントはかんたんで、ビアンテの高額値引きをひたすら説いていきましょう。「ビアンテが安くなりそうなので、嫁がそっち方がいいと言っている。なんとかしてくれ」と泣き落としにかけれいけば、相手も反応してくれるかもしれません。

 

一方、ビアンテの燃費性能についてはNGワードとなります。「ビアンテは燃費性能が悪いからなぁ」などと言うと、「セレナのSハイブリッドがおすすめです!」などと言われて主導権を握られてしまいます。