新型セレナ試乗レポート公開

新型セレナを試乗しました!

2016年に自動運転などをたずさえてモデルチェンジを果たした新型セレナ。ここでは、その試乗レポートを紹介していきます。プロパイロットの感想なども含め徹底紹介します!

 

(雨が降っていたため、車体画像は展示車となっています)

 

試乗したのはセレナハイウェイスターのプロパイロット搭載モデルとなります。旧型セレナとの違いを考慮しつつ、運転性能やプロパイロット、さらにはシートアレンジ、荷室空間などの視点から試乗レポートをお届けします。

 

 

フロントマスクはハイウェイスターならではの迫力あるエアロが装着されており、標準車とは一味違うプレミアム感が出ています。

 

 

後ろの外観。「Highway STAR」のロゴがひときわ目立ちます。

 

 

タイヤはインチアップされた特別ホイールとなります。ここらへんも、無印セレナとは違う味わいを出していますね。

 

新型セレナの試乗で運転性能を評価

 

運転席周りを評価

 

 

フロントドアの質感も良く、重量感と高級感があります。これまでコンパクトカーなどに乗っていた人なら、開閉の感覚にやみつきになるかもしれません。

 

乗降性については一般的。ヴォクシーやステップワゴンなどのライバル車に比べると、数値としてはステップ高、座面ともに多少高くなっていますが、それほど大きな差は感じません。

 

 

運転席周りの配置は↑のような感じ。

 

ステアリングはDシェイプを採用し、下方に少しだけゆとりがあります。また、うれしいのが新型セレナからチルト&テレスコピック調整がついたため、どんな体型のドライバーでもアジャストします。

 

 

ナビ下にストレートゲート式のシフトレバーが配置されており、その横にエンジンスタートボタンがあります。この配置は先代セレナと同じなので、乗り換えでも違和感を感じることはないでしょう。

 

プロパイロット搭載のセレナの場合、パーキングブレーキが電子制御となります。そのスイッチはエンジンスタート下に配置されます。

 

 

ステアリング右部にプロパイロットの操作ボタンを用意。プロパイロットのオン/オフやリジューム、セットなどはハンドルから手を放すことなく操作できます。はじめは配置に戸惑うかもしれませんが、それぞれのボタンに切れ目が入っており、視線を移動しなくても手元を動かすだけで操作できるので、慣れれば問題はないでしょう。

 

>>自動運転「プロパイロット」の解説についてはこちら

 

 

ダッシュボード右下には、「エコモード」「アイドリングストップ」「スタイドドア操作」などのスイッチが配置されています。奥まったところにあるので、小柄なドライバーだと若干操作はしにくいかも。

 

 

通常運転席と助手席の間には何もなく、2列目へのウォークスルーが可能。ただ、「スマートマルチセンターシート」を1列目に移動させて折り曲げると↑の画像のようになります。この状態だと、くぼみにはちょっとしたドリンクや軽食を置くことができます。ただ、それ以外の部分は若干斜めなので、物を置くスペースには向きません。

 

プロパイロット(自動運転)の評価

 

まずなんといっても気になるのが新型セレナのプロパイロット(自動運転)です。今回のセレナの試乗は街乗り中心だったので高速走行中の使用感はわかりませんが、街乗りでも十分便利だなという印象がありました。

 

街乗りで一番便利なのはやはり自動追従です。やや渋滞しているような状況でも、先行車が止まれば自動的にセレナも停車し、3秒以内に先行車が発車するとこちらも勝手に再び追従を開始するため、アクセルやブレーキを全く操作しない場面が思いのほか多いです。

 

さらに、しっかりと車線が引かれている道路であれば、レーンキープアシストシステムが機能するため、ステアリング操作も自動で行ってくれます。

 

ただ、注意点もあって、まず停車してから3秒以上たつとプロパイロットが一時停止するため、先行車が走り出しても反応しません。この場合、ステアリングのリジュームボタンを押すか、アクセルを軽く踏み込むことで再始動しますが、「どうせ勝手に動く」と油断していると発車が遅れてしまいます。信号待ちなどでは3秒以上止まることがほとんどなので、基本的にはプロパイロットの再始動が必要となります。

 

また、レーンキープアシストシステムについても、車線の塗装がとれてボロボロになっていたりすると、車線を認識できないことがあります。試乗をしたルートは車線の塗装が薄くなっているところが多かったので、レーンキープアシストシステムが機能しない場面も多かったです。レーンキープについては、あくまで補助的に考え、ステアリング操作についてはほぼ自分で行うくらいの考えでよいでしょう。

 

それと、先行車の距離を基本的な情報としているため、単独で走っていたり、先頭を走っている場合は単なるクルーズコントロールと考えたほうがいいかもしれません。当然、信号では自分でブレーキを踏んで止まらないといけません。とはいえ、前に車が入ってくるとすぐに先行車を検知し、プロパイロットが作動するので、利便性は高いです。

 

今回は体験できませんでしたが、おそらく高速道路が渋滞しているときが最も役立つはずで、少し止まってはまた動くといった環境だとほとんど何の操作もなく過ごすことができるでしょう。

 

運転性能の評価

 

新型セレナといえば「自動運転(プロパイロット)」が話題になっているので、そこばかりに目が行きがちですが、実は運転性能についても改良がなされています。

 

まず感じたのは前後左右のウィンドウの大きさです。最近はウィンドウが小さめの車種が多く、とくにリアウィンドウが引き締まって小さくなっているタイプが多くなっていますが、セレナは前だけでなく後ろも窓が大きく場所を取っており、視認性が非常に高くなっています。あれこれ安全機能がついたところで、結局見えにくいと危険性は上がってしまうので、その点だけでもセレナの安全性は高いなと感じました。

 

運転性能については、快適性を重視したマイルドな印象がありました。旧型セレナに比べて最高出力は2%程度の微増となっており、パワーアップしたような感覚はありませんでしたが、CVTによくある速度が上がってくるのが遅い感覚はあまりなく、むしろかつてのAT車のようなダイレクト感がありました。

 

またありがたいと思ったのが「静粛性」です。ハイブリッドだとモーター走行中の静粛性は非常に高いですが、ガソリン車の新型セレナはそれに次ぐ静粛性を獲得しているといってもいいでしょう。旧型セレナだとどうしてもリアタイヤのロードノイズが響きやすかったのですが、新型からはリヤホイールに吸音ライナーを設置したため、静粛性が大幅に増している印象がありました。今回試乗したハイウェイスターGはインチアップされているため通常は多少騒音が増えるのですが、それを感じない静かさでした。

 

新型セレナのシートアレンジ・乗り心地試乗レポート

 

 

すでに紹介したように、「スマートマルチセンターシート」を1列目に移動すると、↑の画像のようにキャプテンシートのような状態になるため、2~3列目のウォークスルーが可能になります。スマートセンターマルチシートは簡単に前後にスライドできるので、その都度動かせば1~3列目のウォークスルーも可能です。

 

 

2列目をできるだけ後方にスライドした状態の足元画像が↑です。足元が非常に広くなっており、非常に快適です。シートについても骨盤位置が考えられたものになっているので、子どもや高齢者を乗せた長距離ドライブでも喜ばれるでしょう。

 

 

↑は3列目の足元画像。2列目に比べるとやや狭いですが、それでも前方シートと膝の間にはしっかりとスペースがあり、狭苦しさはありません。また思ったよりも座面が長く、しっかりと大腿部まで支えてくれるので、座面の狭い3列目でよくある「おしりだけ乗っている状態」というイメージはありません。

 

 

 

また、各シートにはUSBポートや格納式のテーブル・ドリンクホルダーが用意されており、飛行機にのっているような感覚を味わうことができます。「乗り心地」という面ではかなり高いレベルに落ち着いていると感じました。

 

>>シートアレンジや2列目~3列目の詳細についてはこちら

 

新型セレナの荷室を評価

 

次に、新型セレナの荷室試乗レポートです。

 

 

新型セレナはデュアルバックドアを採用しており、↑の画像のように上半分だけを開けることができます。ミニバンの場合、壁際に駐車するとバックドアが大きすぎて開けられないことがありますが、新型セレナの場合は上半分だけ開けられるので問題ありません。

 

 

バックドアをすべて開けたのが↑です。3列目をフル使用時はそれほどスペースが大きくありませんが、ベビーカーやゴルフバッグ、折り畳み自転車などなら入りそうです。

 

地上高は500mm(ヴォクシー:500mm、ステップワゴン:440mm)と一般的で、荷物を積みにくい高さではありません。

 

 

また、床下のサブトランクもあるので、3列目使用時でも意外と荷物は入ります。日帰り旅行程度なら、乗員全員分の荷物を積み込むことも可能でしょう。

 

 

荷室が最も広くなるのは、3列目シートを跳ね上げて、2列目シートを前方にスライドした状態です。この写真では左だけ格納していますが、右側とのスペースの違いは一目瞭然。すべてシートを格納すれば、ゴルフバッグ等の荷物もいくらでも入りそうですし、小さめなら普通の自転車を積み込むこともできそうです。

 

>>新型セレナの荷室空間の詳細はこちら

 

新型セレナ試乗時に見てほしい点

 

新型セレナを試乗する際に見てほしいのは、なんといっても「プロパイロット」です。

 

自動運転と言ってはいますが、定義としてはあくまで「クルーズコントロールの延長」です。そのため、ステアリングについてはあまり補助はないと考えたほうがいいです。

 

また、先行車アリの状態で停車して3秒たつと、プロパイロットが一時的に解除されるため、「あ、アクセル踏まなきゃ」という状況が何度かありました。特に信号待ちでは3秒以上止まることがほとんどなので、自動追従はあまり考えないほうがいいです。

 

ただ、試乗してしばらくするとそういったことにも慣れてきて、自動追従を多少使いこなせるようになってきました。そうなると、非常にラクで便利だなと思う場面は何度もありました。「自動運転」と聞いてしまうと物足りなさがあるのですが、「運転補助」と考えるとかなり優秀ですし、安全性も大幅にアップします。

 

それで、なぜ試乗した方がいいのか?という話ですが、今回新型セレナに試乗してプロパイロットを使いましたが、「今までの車と全然運転の仕方が違う」と感じました。今までのクルマだったら、「試乗しても大して違わないし、面倒だからいいや」という人も多かったでしょう。しかし、プロパイロットは乗り味が激変するのです。

 

しかも、プロパイロットのある/なしで車体価格は30万円程度アップします。なので、新型セレナに試乗せずにプロパイロット付きを購入して、実際に乗ってみたら案外使いにくく感じる人もいるかもしれません。そうなると、30万円多く支払ったことに後悔してしまうことになるので、ひとまず試乗だけは必ずしておいたほうがいいのです。

 

とはいえ、たいていの場合はプロパイロットの凄さ・快適さにほれ込んでしまうことのほうが多いと思います。また、単純に衝突防止になるため、安全性も格段に上がります。最近は運転中に気を失って事故を起こす事件が相次いでいますが、そういったトラブルの予防になるというだけでも価値はあるでしょう。

 

とにかく、プロパイロットについては、実際に使ってみて判断するようにしましょう。

 

プロパイロットが設定できるかどうかには、グレード格差があります。セレナのグレード選びをするにはは価格差や装備状況も考えないといけないので、↓のページを参照してください。

 

>>セレナグレード比較やおすすめ、人気などの詳細はこちら

 

新型セレナを試乗すると商談が有利になる!

 

今回、新型セレナに試乗した後、そのまま見積書ももらいました。

 

すると、初めに値引きに付いて聞いても「出たばかりだから厳しい」という話でしたが、試乗をした後は5万円の値引きが付けられたのです。

 

これは、実際にセレナに試乗して、営業マンとあれこれ話しているうちに、「この人は実際に買うかもしれないな」と思わせることができたからです。

 

なので、もしセレナを値引きして購入したいなら、とにかく試乗だけはしておいたほうがいいです。

 

もちろん、単に仲良くなるだけで値引きが引き出せるわけではありません。実際には、いろいろな交渉テクニックが必須です。そのテクニックについては↓で解説しているので、ぜひご覧ください。

 

>>セレナ値引きテクニックについてはこちら