自動運転(プロパイロット)や自動ブレーキなどの詳細

自動運転(プロパイロット)や自動ブレーキなどの安全性能

新型セレナには自動運転機能が追加されたほか、従来から日産お得意の自動ブレーキなど数々の安全性能を引き継いでおり、高い安全性能を誇っているのが魅力です。

 

ここでは、史上初の自動運転「プロパイロット」や、多彩な安全機能について徹底解説していきます。

 

自動運転「プロパイロット」とは

新型セレナの「プロパイロット」の目玉機能は、高速道路巡航走行中や、渋滞中の加速・減速を肩代わりしてくれる部分にあります。完全な自動運転というわけにはいきませんが、一部状況下では「自動運転」と呼んでもよいくらいの機能性を持っています。

 

機能のオン/オフもいつでも設定可能で、エンジン作動中にステアリング右側のプロパイロットスイッチをオンにすればスタンバイ状態にできます。あとは、前方に車がいるか、もしくは30~100km/h程度の速度で走行中にプロパイロットスイッチ横の「セットスイッチ」をオンにするとプロパイロットが稼働します。そのため、プロパイロットをスタンバイさせておき、必要に応じて「セットスイッチ」をオン/オフして自動運転の機能を切り替えるのが基本的な操作方法となります。

 

すでに、速度を一定に保つ「クルーズコントロール」の機能を利用している人は多いことでしょう。しかし、クルーズコントロールはあくまで「速度維持機能」であり、自動運転とは言えません。

 

その点、プロパイロットはたんなる速度維持だけでなく、前方の車が停止したら停止するし、3秒以内に前方車が発進したらこちらも自動発進をするなど、こちらが手を加えなくても勝手に加速・減速を肩代わりしてくれるため、部分的ではありますが「自動運転」と言い切って構わない内容となっているのです。

 

※3秒以上前方車が停車した後に発車した場合は、アクセルを軽く踏み込むことでプロパイロットを再開できます。

 

もちろん、アクセル・ブレーキともに急激に操作されることはほとんどなく、まるで熟練ドライバーのような安定性を保っているのです。

 

ステアリングの制御も可能

また、プロパイロットは高機能なステアリング制御機能も備えています。コーナーリングすべてをプロパイロットができるわけではありませんが、緩やかなコーナーでは車線中央を維持する制御が働くほか、横Gが強くなるとゆっくりと車速を落としていくなど、安全性を高めます。安全にステアリング操作をしているとあまり恩恵を感じないかもしれませんが、油断して急激にステアリング操作をした場合などにありがたみを感じるようなイメージです。

 

ただ安全度を高めるというだけでなく、気の緩みを正して運転の疲労感を軽減してくれる役割を果たすのです。

 

なお、先行車の動きもプロパイロットの判断基準になっているため、先行車がいない場合はステアリング制御速度に制限が働き、車速50km/h以上でないと機能しなくなります。また、自動運転と言えどもドライバーのシステム監視は必須で、もしステアリングから手を放すと「手放し運転」と判断され、5秒で警報通知、10秒でシステム解除となります。さらに、横Gが0.12Gを超えるコーナーではドライバーによるハンドル操作が必要になるため、高速道路走行中でも首都高などコーナーの多いところではドライバーのハンドル操作が必要不可欠です。

 

プロパイロットは、業界では「ADAS(アドバンスド・ドライバー・アシスタント・システム)」と呼ばれるシステムになります。つまり「拡張的ドライバー支援システム」ということで、あくまで運転支援の域は出ていないという判断です。そのため、「自動運転だから」といって気を抜くのではなく、過信しすぎないで「運転サポートである」という意識をしっかり持つことが重要です。

 

自動運転の評価基準

自動運転のレベルは、4段階の評価で定義されます。レベル1が「先行車追従型速度維持」で、いわゆるクルーズコントロールのことです。そしてレベル2は加速や制動、ステアリングのうち2種類以上を自動化するものとなり、プロパイロットはレベル2に該当します。このレベルは「自動運転」と言えるレベルに達してはいますが、ドライバーは周囲の監視義務があり、何かあった場合には直ちにドライバーの手動操作に戻ることが前提となっています。

 

なので、プロパイロットといえども「全ておまかせ」というわけではなく、あくまでもクルーズコントロールよりも高機能な「運転支援」と考えたほうがよいでしょう。

 

プロパイロットのブレーキ構造は?

プロパイロット仕様車は、パーキングブレーキが電動式に変更されます。渋滞などで自動停止した場合、ブレーキはVDCホールドされますが、3分以上停車した場合は自動的に電動パーキングブレーキに切り替わります。また、「HOLD」スイッチを押すことでも、電動パーキングブレーキに切り替えられます。

 

パーキングブレーキが作動することにより、信号待ちの停止中に誤ってブレーキを離してしまっても、アイドリングストップからのエンジン再始動、およびクリープで動き出すといった事態を回避することができます。アクセルを踏み込んで再発進する際は、パーキングブレーキも自動的に解除されます。

 

プロパイロットの7つの機能

プロパイロットが実現可能な制御例をご紹介します。「プロパイロットで何ができるのか」を確認しておきましょう。

 

追従走行

クルーズコントロールのように、同一車線内で追従走行が可能です。

 

単独走行

車速を設定すれば、先行車がいなくても一定速度で走行が可能です。

 

停止

先行車が停車すると、車間距離を保ちながら減速~停止できます。

 

停止保持

先行車が停車している間、こちらも停止状態を保持します。

 

発進

先行車が3秒以内に発車すると、こちらも自動的に発車します。また、3秒以上停車した場合も、ドライバーが軽くアクセルを踏むとプロパイロットが再稼働し、追従を開始します。

 

カーブ走行

カーブ走行中はステアリング制御が動作します。※ステアリング操作が自動なわけではありません。

 

先行車車線変更時の挙動

先行車が車線変更した場合、先行車の前にいた車が新たな先行車として設定され、追従します。

 

割り込み

前に違う車が割り込んできたときは、その車が新たな先行車となり、車間距離を取り直して追従します。

 

プロパイロットの対応状況は?

 

プロパイロットには利用条件があります。

 

  1. 「プロパイロットエディション」グレードであること
  2. 「セーフティパックB」を追加すること

 

特別仕様のグレード以外は、メーカーオプションパッケージを追加しないとプロパイロットは使用できないので注意が必要です。細かい条件については↓で解説していますのでご覧ください。

 

>>おすすめのメーカーオプション|セーフティパックの違い

 

プロパイロットのまとめ

「新型セレナは自動運転対応!」と大々的に広告されたため、「全自動で運転できる」と勘違いしてしまった人も多いかもしれません。プロパイロットで可能なのは「加速」「減速」「停止」「再発進」の自動化、およびステアリング制御となります。なので、厳密な自動運転ではありません。

 

ただし、自動運転レベルでいうと「2」となり、今市販されている自動車のなかでは最高レベルを達成しているように、ドライバーの運転操作を大幅に減らしてくれるほか、安全度の向上、疲労感の軽減などさまざまな改良がなされているのは事実です。

 

現在、最も「運転がラクで安全性が高い」車なのは間違いないので、選ぶ価値はあるでしょう。

 

その他の安全性能について

セレナで利用できる安全・快適機能はプロパイロットだけではありません。ここでは、セレナに搭載可能な安全機能について解説していきます。

 

全車標準装備の安全機能

 

VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

各種センサーを使い、ドライバーの操作と車両の状態を監視して、スリップ低減やアンダーステア・オーバーステアの制御を行うシステム。

 

ヒルスタートアシスト

ブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる際、ブレーキ圧力を最大2秒間保持する。そのため、坂道発進などでセレナが滑り落ちるのを防ぐ。

 

エマージェンシーブレーキ

フロントカメラで前方の人や歩行者を検知し、ぶつかりそうになるとブザー通知などを行う。また、ドライバーがうまく減速できないときは自動緊急ブレーキを発動して、衝突回避・衝撃軽減を行う。

 

LDW(車線逸脱警報)

フロントカメラで車線を検知し、はみ出層になるとブザーで注意喚起を行う。

 

SRSエアバッグシステム

1列目シート前方のエアバッグで、正面衝突時の衝撃を緩和する。

 

オプション装備可能な安全機能

 

踏み間違い衝突防止アシスト

駐車場などでアクセルとブレーキを踏み間違えたり、ブレーキが甘くて障害物を接触しそうになったときに、自動的にブレーキを作動させることで衝突回避をアシストする。

 

インテリジェントパーキングアシスト

セレナを車庫入れしたり、縦列駐車する際にサポートしてくれる機能。

 

進入禁止標識検知

フロントカメラで車両進入禁止の標識を検知し、セレナが通過しそうなると警報を出す。

 

ふらつき警報

ドライバーの運転がふらついているのを察知し、「休憩しませんか」などと表示して休憩を促して居眠り運転などを防止する。

 

フロント&バックソナー

10km/hで低速走行中、前後に障害物があった場合にアラウンドビューモニター画面に切り替わり、ブザーで知らせる。駐車時に子供や障害物が死角に潜んでいるのを見つける場合などに役だつ。

 

SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム

サイドからの衝撃に対応できるサイドエアバッグ・カーテンエアバッグのセット。

 

LDP(車線逸脱防止支援システム)

車速70km/h以上で走行中、車線をはみ出しそうになったときに警報を出すだけでなく、車線に戻す方向に制御力を発生させて車線逸脱を防ぐ。

 

 

このように、セレナはさまざまな安全機能に対応しており、事故を未然に防ぐのに役立ちます。

 

なお、メーカーオプションの安全機能については、パッケージによって機能の対応状況が違います。詳しい対応状況については↓の記事をご覧ください。

 

>>おすすめのメーカーオプション|セーフティパックの違い

 

また、プロパイロットなどの各メーカーオプションは、場合によっては20万円以上の費用がかかることがあります。ディーラー交渉でセレナのオプション値引き・車体値引きが可能となり、1つオプションを追加なんてことも可能になるので、↓の記事でディーラー値引き交渉の方法を知っておくとよいでしょう。

 

>>セレナ値引きで60万円安く買うには?