インテリア・内装のシート素材やオプション情報

セレナのインテリアカラーやシート素材など内装のまとめ

セレナには、4種類の内装色・シートカラーが用意されていて、高級感のある車内空間を演出できます。

 

しかし、内装色はグレードごとに設定できる色が限定されていて、どの色でも選べるというわけではありません。

 

ここでは、セレナの内装色やシート素材などの情報と対応状況をまとめたので、グレード選びの参考にしてください。

 

内装色やシート素材の一覧

最初に、セレナの内装色やシート素材についてチェックしておきましょう。

 

シート素材

  1. ジャガード織物/トリコット
  2. グラデーション織物/合成皮革
  3. 織物/トリコット

 

内装色・シートカラー

  1. フェザーグレー
  2.  

     

     

    シートや内装色の大部分が落ち着いた薄い灰色となる。

     

  3. ブラック
  4.  

     

     

    シートや内装色の大部分がブラックで統一される。

     

  5. グレージュ
  6.  

     

     

    内装色とシートカラーが白っぽい色と黒のツートンカラーとなり、オシャレな雰囲気に。

     

  7. プレミアムインテリア
  8.  

     

     

    内装色・シートカラーに茶色っぽい色が採用され、高級感を演出。

 

このように、シート素材は3種類、内装色・シートカラーは4種類から選ぶことが可能です。

 

セレナの内装色の組み合わせ・対応状況

内装色などに種類があることは解説した通りですが、対応状況にはグレード格差があり、好きな色が選べない場合もあります。ここでは、どのグレードにどの色が対応しているのかを確認しましょう。

 

まずは、シート素材の対応状況を見てみましょう。

 

シート素材

無印セレナ

ハイウェイスター

織物/トリコット

×

ジャガード織物/トリコット

×

グラデーション織物/合成皮革

×

メーカーオプション(\54,000)

 

 

表を見てもわかる通り、無印セレナのシート素材は「織物/トリコット」で確定となります。そしてハイウェイスターは「ジャガード織物/トリコット」となり、シート素材の質感は若干アップします。また、メーカーオプション(後で説明)を追加すると、「グラデーション織物/合成皮革」となるため、より高級感が増すことになります。

 

そのため、シート素材の質感にこだわる場合は、「ハイウェイスター」を選んだ方がよいということがわかります。

 

次に、インテリアカラーの対応状況を見てみましょう。

 

内装色

無印セレナ

ハイウェイスター

フェザーグレー

×

ブラック

グレージュ

×

プレミアムインテリア

×

メーカーオプション(\54,000)

 

 

無印セレナについては、「フェザーグレー」と「ブラック」が選択可能ですが、「グレージュ」は設定不可となっています。一方ハイウェイスターの方は「ブラック」と「グレージュ」が選択可能で、「フェザーグレー」は選択できません。

 

また、プレミアムインテリアについてはメーカーオプション扱いとなり、ハイウェイスターでしか設定できません。

 

プレミアムインテリアって何?

 

プレミアムインテリアとは、ハイウェイスターのみ設定可能なシート素材や内装色周りのメーカーセットオプションです(価格:54,000円)。無印セレナ(S、X、G)では利用できません。追加することにより、

 

  1. シート素材が「グラデーション織物/合成皮革」に変更
  2. 内装色が「プレミアムインテリア」カラーに変更

 

という2つのバージョンアップを受けることができます。普通のセレナにはないユニークな色合いと高級感のあるシート素材を使うことができるのが利点です。

 

内装色・シートカラーの総評

セレナの場合、S、X、Gといった「無印セレナ」と「ハイウェイスター」でシート周りの内装の対応状況がくっきり変わってきます。まずハイウェイスターだとシート素材が「ジャガード織物」になるほか、おしゃれなツートンカラー「グレージュ」が設定できるため、内装の雰囲気づくりを重視するならハイウェイスターを選んだ方がいいかもしれません。

 

ただ、シートアレンジなどについてはここまでのグレード格差はないため、「見た目ではなく使い勝手を重視する」という場合は無印セレナでも問題はありません。価格とこだわりのバランスをとってシート素材や内装色を決めていくのがよいでしょう。

 

なお、シートアレンジについては↓のページで詳細に説明しています。

 

>>シートアレンジ情報|2列目・3列目の乗り心地や車中泊

 

セレナのインテリア装備状況

 

セレナのインテリア周りの装備についても、グレード格差が多少あります。まずは違いのあるインテリア装備について列挙していきます。

 

  1. オートデュアルエアコン
  2. フロント側のオートエアコンは全グレード標準ですが、リア側のオートエアコン追加に関してはグレード格差があります。

     

  3. 3列目パーソナルテーブル
  4. 2列目のパーソナルテーブルは全グレード標準ですが、3列目のパーソナルテーブルはグレード格差があります。

     

  5. 3列目カップホルダー6個
  6. 3列目4個のカップホルダーは全車標準装備ですが、6個対応はグレードによってはメーカーオプションとなります。

 

エアコンの装備状況

オプション名

2WD

4WD(S,ハイウェイスターG以外)

オートデュアルエアコン

メーカーオプション

標準装備

 

まずオートデュアルエアコンの装備状況ですが、若干ややこしく、「2WD」と「4WD」で対応状況が違います。S,ハイウェイスターG以外の4WDに関してはオートデュアルエアコンが標準搭載となりますが、2WDに関しては全車メーカーオプション扱いとなります。

 

ただ、オートデュアルエアコンでなくても、リア側の手動エアコンは全車標準装備なので、オートでなくなるというだけで後部座席の気温調整は手動でできます。なので、「あれば便利」という程度で、そこまでこだわる装備ではないでしょう。

 

後部座席のインテリア装備状況

装備名

S、X、ハイウェイスター

G、ハイウェイスターG

3列目パーソナルテーブル

快適オプション

標準装備

3列目ドリンクホルダー6個

快適オプション

標準装備

 

後部座席のインテリア周りのグレード格差は、「S、X、ハイウェイスター」と「G、ハイウェイスターG」の2通りに分かれています。つまり、グレード名にGがつくかつかないかで差があるということです。

 

基本的には3列目周りの装備格差なので、大人数で乗ることが少ないならこだわらなくてもいい部分でしょう。どうしても必要という場合も、「快適オプション」を設定することで追加可能なので、大きな格差とは言えません。

 

インテリア・内装のまとめ

セレナは4種類のシート素材、内装色を用意していますが、自由に選べるというわけではなく、グレードごとに選べる色に制限があるので、事前調査が必要です。

 

また、インテリアの装備格差についてですが、主な格差は「エアコン」「3列目のテーブルやドリンクホルダー」の部分になります。いずれもメーカーオプション追加もできるので、グレード選びにおいてはそれほど気にする必要はない部分でしょう。

 

なお、セレナに全車標準となるインテリア周りの装備は以下の通りです。

 

インテリア周りの全車標準装備

●運転席/助手席アッパーボックス ●助手席トレイ ●照明付インストセンタートレイ ●運転席ロアボックス ●アシストグリップ〈助手席、セカンド、サード〉 ●乗降用グリップ〈セカンド〉 ●USB電源ソケット〈前席1個〉
●電源ソケット(DC12V) ●大容量グローブボックス(ダンパー付) ●ラゲッジフック〈フロア部4個、ピラー部2個〉 ●大容量ラゲッジアンダーボックス ●ルームランプ(マップランプ兼用)
●フロントドアポケット(ボトルホルダー付) ●リヤドアボトルホルダー ●コンビニフック〈インストロアカップホルダー部〉

 

グレード選びについては、もっと重要なポイントがあります。↓の記事をご覧ください。

 

>>セレナグレード比較~オススメも紹介!~