付けないと後悔するメーカーオプションや快適装備

セレナのメーカーオプションを理解しよう

セレナにはメーカーオプションが大量にあり、グレードによって対応状況も違ってくるので「わけがわからない」と思っている人も多いはずです。

 

ここでは、セレナのメーカーオプションの詳細や装備状況、さらには付けないと後悔するおすすめオプションの紹介を行います。

 

メーカーオプションの詳細をチェック

まずは、メーカーオプションについて1つ1つ解説していきます。少し長いですが、メーカーオプション理解のために必要な知識なのでおつきあいください。

 

セーフティパック

セレナの安全機能パッケージオプションとなっています。

 

  1. セーフティパックA (価格:113,400円)
  2. セーフティパックB (価格:243,000円)
  3. セーフティパックC (価格:64,800円)

 

の3種類があります。それぞれの違いは以下の表のとおりです。

 

オプション名

セーフティパックA(価格:113,400円)

セーフティパックB(価格:243,000円)

セーフティパックC(価格:64,800円)

SRSカーテンエアバッグ

×

踏み間違い衝突防止アシスト

インテリジェントパーキングアシスト

×

進入禁止標識検知

アラウンドビューモニター

ふらつき警報

フロント&バックソナー

スマート・ルームミラー

×

×

電動パーキングブレーキ

×

×

オートブレーキホールド

×

×

プロパイロット

×

×

LDP(車線逸脱防止支援)

×

×

ヒーター付きドアミラー

ステアリングスイッチ

×

 

表を見てもわかる通り、装備の充実度は「B」→「A」→「C」となっています。特に大きな違いは「プロパイロット」のある/なしで、プロパイロットは「セーフティパックB」にしか対応していません。そのため、プロパイロットを使用する場合は「セーフティパックB」を選ぶ必要があります。

 

プロパイロットを使用しない場合は「セーフティパックA」と「セーフティパックC」のどちらかとなりますが、最廉価の「セーフティパックC」はセレナの「S」専用となるので、「S」以外のグレードを選ぶ場合は必然的に「セーフティパックA」しかないことになります。

 

従って、各セーフティパックの選択基準は以下の通りとなります。

 

プロパイロットがどうしても使用したい → 「セーフティパックB」
プロパイロットは必要ないが、ある程度の安全性能は欲しい → 「セーフティパックA」
とにかくコストを下げたい → 「セーフティパックC」※「S」グレード専用

 

セレナのプロパイロット機能や、安全性能の詳細については以下の記事をご覧ください。

 

>>自動運転「プロパイロット」や自動ブレーキなど安全性能まとめ

 

快適パック

 

セレナの快適機能のパッケージオプションが「快適パック(37,800円)」となります。主に追加される装備は以下のとおりです。

 

●スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉 ●パーソナルテーブル〈セカンド・サード左右〉 ●カップホルダー12個 ●USB電源ソケット〈セカンド・サード各2個〉
●セカンドシート 超ロングスライド+横スライド ●サードシートスライド ●シートバックフック8個 ●シートバックポケット〈運転席・助手席〉(スマートフォン・タブレット収納付)

 

この中でも特に重要なのが、

 

  1. スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉
  2. セカンドシート 超ロングスライド+横スライド

 

の2点です。

 

スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉

 

装備名

S、X、ハイウェイスター

G、ハイウェイスターG

UVカット断熱グリーンガラス

快適パック

標準装備

 

新型セレナの場合、「UVカット断熱グリーンガラス」は全車標準装備です。しかし、さらにUVカット性能が上がった「スーパーUVカット断熱グリーンガラス」については、「G」と「ハイウェイスターG」のみ標準装備となっています。他のグレードにスーパーUVカット断熱グリーンガラスを付けたいときは、快適パックを追加するしかありません。

 

セカンドシート 超ロングスライド+横スライド

 

装備名

S、X、ハイウェイスター

G、ハイウェイスターG

セカンドシート 超ロングスライド+横スライド

快適パック

標準装備

 

シートアレンジの自由度を上げるには、やはり超ロングスライドは必須。「S」、「G」、「ハイウェイスター」は標準だと超ロングスライドに対応していないので、利用するには快適パックを付ける必要があります。

 

オートデュアルエアコン

 

フロントエアコンだけでなく、リアエアコンもオートで気温調整できる機能が「オートデュアルエアコン」です。

 

ただし、フロント側オートエアコン+手動リアエアコンについては全車標準装備となるため、リア側を手動で調節するのであればオートデュアルエアコンは特に必要ないでしょう。また、オートデュアルエアコンは「寒冷地仕様」などのメーカーオプションがセットで付いてくるため、寒い地域に住んでいない場合は寒冷地仕様の料金が無駄になってしまいます。

 

そういった事情もあるので、オートデュアルエアコンが必要になる状況は限られてくるでしょう。

 

オートスライドドア

 

オートスライドドアの各グレード対応状況ですが、セレナの場合かなりややこしいことになっています。

 

ワンタッチオートスライドドア

ボタンをワンプッシュするだけで自動的に開閉するスライドドアのこと。

 

装備名 S X G
オートスライドドア 助手席側標準装備 両側(メーカーオプション) 両側標準装備

 

対応状況は↑のとおりで、S、X、Gの「無印セレナ」のみの機能となっています。表を見てもわかる通り、メーカーオプションが絡んでくるのは「X」のみとなり、「助手席のみ」もしくは「両側対応」をメーカーオプションで選ぶことができます。

 

メーカーオプション料金

助手席のみ:81,000円
両側:140,400円

付随機能

●サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ ●全ドア連動ロック機能 ●ドアストップ機能 ●プッシュエンジンスターター ●インテリジェントキー

 

ハンズフリーオートスライドドア

ボタンを押す必要はなく、足をかざすだけで開閉できるハンズフリーなスライドドア。

 

装備名

ハイウェイスター

ハイウェイスターG

ハンズフリーオートスライドドア(助手席側)

メーカーオプション

×

ハンズフリーオートスライドドア(両側)

メーカーオプション

標準装備

 

こちらも対応状況についてはややこしく、「ハイウェイスター」については両側対応ですが、メーカーオプションが必須。「ハイウェイスターG」については、両側標準対応となっています。

 

メーカーオプション料金

助手席のみ:91,800円
両側:156,600円

付随機能

●サードシート用助手席側オートスライドドアスイッチ ●全ドア連動ロック機能 ●ドアストップ機能

 

プレミアムインテリア

シート生地や内装色の設定変更ができるメーカーオプションとなっています。

 

対応しているのは「ハイウェイスター」「ハイウェイスターG」のみ。シート生地などの高級感はアップしますが、内装の快適性・機能性に変わりはないので、高級感にこだわりがある場合以外は不要でしょう。

 

詳しくは以下のページに解説していますので、判断材料にしてください。

 

>>インテリア・内装情報|シートカラーやオプション、装備格差

 

おすすめのメーカーオプションは?

ここまでセレナのメーカーオプションの紹介をしましたが、その中でないと後悔するおすすめメーカーオプションを紹介します。

 

セーフティパックB

追加費用は20万円台と高くなりますが、なんといっても「プロパイロット」が利用できる唯一のセーフティパックという部分が魅力です。たんに自動運転ができるという価値以外にも、将来セレナを売る場合のリセールバリュー向上にも役立つはずなので、付けておいて損はありません。

 

なお、グレード選択の際に、特別仕様車の「プロパイロットエディション」を選択すると、プロパイロット機能があらかじめ搭載されており、セーフティパックBを個別に付けるよりもコストを下げることができるので要注目です。詳しい解説は↓をご参照ください。

 

>>セレナグレード比較~オススメも紹介!~

 

快適パック

快適パックはフロントガラスのスーパーUVカット機能や2列目シートの超ロングスライド機能などのセットオプションです。UVカットや超ロングスライドは「G」や「ハイウェイスターG」だと標準装備となりますが、その他のグレードだと快適パックの追加が必要です。

 

グレードを選ぶ際に、「ハイウェイスターGにしたいけど、予算が足りない」という場合もあるでしょう。そんなときに役だつのが快適パックです。3万円程度の価格である程度の上級装備を追加できるので、価格を抑えつつ、快適性をアップさせたいときにとても便利なパッケージオプションなのです。

 

特に「超ロングスライド」はシートアレンジの自由度をアップさせるために必須の機能です。せっかくシートアレンジが多彩なセレナを購入するならぜひとも付けておきたいところです。セレナのシートアレンジの詳細については↓のページを参照してください。

 

>>シートアレンジ情報|2列目・3列目の乗り心地や車中泊

 

オートスライドドア

セレナのオートスライドドア事情はかなりややこしいです。メーカーオプションが絡んでくるのは「X」と「ハイウェイスター」で、「両側対応可能だけど、メーカーオプションが必要」という状況になっています。そのため、オートスライドドアを使用したいなら8~12万円程度のメーカーオプション追加が必須です。

 

ただ、助手席か両側かを自由に選べるのはメリットでしょう。

 

メーカーオプションは少なくない追加料金がかかるので、どうしても予算オーバーしてしまうこともあるでしょう。セレナをディーラー交渉で値引きできれば、オプションを1つ余計に付けられるかもしれません。↓のページでセレナ値引きについての詳細を解説しているので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

>>セレナ値引きで60万円安く買うには?